国際照葉樹林サミットin屋久島

第2回国際照葉樹林サミットin屋久島

私たちの暮らしに豊かな恵みをもたらす照葉樹林を次の世代に手渡すために

屋久島照葉樹林ネットワーク

屋久島照葉樹林ネットワーク結成 2016年3月26日より活動開始 屋久島照葉樹林ネットワーク規約 第1条(名称) 本会は。「屋久島照葉樹林ネットワーク」と称する。 第2条(事務局所在地) 本会の事務局を以下に置く。なお、事務局を本会の住所地とする 〒891-4…

「第2回国際照葉樹林サミットin屋久島」報告3

6月7日 10:00 オープニングセレモニー ホールではビッグストーンとコーラス隊の歌「照葉樹林」と「五月」で開幕です。 開会挨拶 サミット実行委員長 荒木耕治(屋久島町長) 林野庁九州森林管理局局長 川端省三氏 環境省九州地方環境事務所所長 塚本瑞天氏 …

「第2回国際照葉樹林サミットin屋久島」報告2

6月7日 9:00:展示・体験コーナーオープン

「第2回国際照葉樹林サミットin屋久島」報告1

6月6日「照葉樹林文化講演会」 講演1 川野和昭(南方民俗文化研究所主宰) 「照葉樹林文化論から竹林文化論へ」ー南九州と東南アジアとの比較の視点からー 講演2 中山清美(奄美群島文化財保護対策連絡協議会会長) 「島嶼域における自然の垂直利用」―シマ…

7日(土)オープニングセレモニー

オープンは9時です。 ポスター展示はロビーです。早めに来てゆっくりご覧ください。 体験コーナーは玄関前のポーチです。 体験の時間は ① 9:00-10:00 ② 12:30-13:30 ●「紙漉き体験ー屋久島の植物や身近な材料でオリジナルな紙を作る」 講師は「屋久島和紙…

5月25日 サミット プレイベント 「瀬切川左岸ー照葉樹林とヤクタネゴヨウの巨木の森を訪ねる」を実施しました

天気は薄曇り、暑くもなく寒くもなく、良い山歩き日和でした。 午前9時に瀬切大橋に集合し、橋からヤクタネゴヨウの自生地を見上げ、ヤクタネゴヨウや保護林の説明や、地図を見ながらコースの確認をした後、車で大川林道上部、標高約800mまで上りました。こ…

サミットプログラム「屋久島生物多様性ニュース12」

第2回国際照葉樹林サミットin屋久島チラシ

開催要項はこちら http://yakushimahozen.hatenadiary.jp/entry/2014/04/11/080913

International TERUHA Forest Conference in Yakushima

>< 「第2回国際照葉樹林サミットin屋久島」 開催趣旨:照葉樹林は、ネパール、ブータンから東アジアを経て、琉球列島から西日本一帯に広がる生物多様性豊かな森林です。そこでは長い歴史の中で照葉樹林の自然の恵みを活かした、各地域の風土に根ざす独特…

Photo by じろう うちむろ